安心して使える

トリアとは?

このサイトで御紹介しているトリアとアイエピは、殆ど外見が同じレーザー脱毛器です。
アイエピの方が古いタイプのマシンです。 また、アイエピの中にも旧型と新型が分かれており、旧型のアイエピと、新型のアイエピとでは、機能にも少々違いがあります。


アイエピ・新型・旧型との違いについて。

新型との見分け方


新しさ

名称・アイコン 旧型アイエピ
旧型
新型アイエピ
新型
トリア (TRIA)
tria
発売年 2005年 2008年 2009年
出力レベル設定 3段階レベル調整 5段階レベル調整 5段階レベル調整
男性のヒゲ脱毛 × ○ (最弱設定のみ) ○ (最弱設定のみ)

旧型は2005年に発売されています。2005年の時代から、今売られているトリアまで、基本的な性能は変わりません。2005年の頃から、高い安全性を維持している脱毛器です。


使い方

ボタンは1個です。

ボタン1つでトリアの操作ができてしまいます。ボタンを長押しすると、電源が入ります。
ボタンを1回押す度に、出力レベルが変更されます。
新型アイエピ以降の脱毛器は、出力レベルが 「ド・レ・ミ・ファ・ソ」 の5段階の音で表されます。

音階 ファ
出力レベル 1レベル 2レベル 3レベル 4レベル 5レベル

ボタンとハッコウダイオードまた、発光ダイオードのゲージでも出力がある程度分かります。旧型アイエピの場合、発光ダイオードのゲージで現在の出力レベルの設定が確認できます。


出力レベルの設定が終わったら、後は毛深い部分にレーザー発射口を当てると、自動的にレーザーが発射されます。レーザーが発射されたら、「プッ」という音が鳴ります。 レーザーの照射が失敗すると、「ブーッ」という音が鳴ります。
(レーザーを発射する際には、何もボタンを押さなくても構いません。)


レーザーの照射失敗について

中古品のセンサー

高い安全性を確保するため、「皮膚を感知するセンサー」が付いています。このセンサーは、レーザー発射口の周辺3箇所に付いており、この3箇所のセンサーが全て反応していないと、レーザーが発射されません。

安全機能が働くと、レーザー発射が失敗します。


発射口とセンサー このセンサーがあるので、誤射されることや、離れた他人に対してレーザーを発射してしまうことも未然に防いでくれます。


○円の形の部分がレーザーが発射される部分です。このサイズが、直径1cmの円です。
円の周辺の3つの角に、皮膚センサーが付いてます。写真では分かり難いのですが、3点の皮膚センサーが付いてます。

3つの皮膚センサーが皮膚を感知していれば、レーザーは発射されます。しかし、3つのうち1つでも外れるとレーザー照射失敗になってしまいます。


激安トリアのお電話番号

トリアのアイコン

会社概要
販売店:会社概要


トリアの中古販売 買い取りのお申し込み 脱毛器の販売ページ お客様の声 買い取り強化中! 脱毛器を売る方法は?


トリアとは? 売る 機能の説明 オークションは大変 安全に脱毛器を売る 仕様・スペック お問い合わせ電話番号